MENU

YAMAGATA WYVERNS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【鳥海ダービー】 VS 秋田ノーザンハピネッツ ゲームレポート

【鳥海ダービー】 VS 秋田ノーザンハピネッツ ゲームレポート

2016/08/20(土)13:00 TIP-OFF

会場:小真木原総合運動公園

パスラボ山形ワイヴァンズ

山形ワイヴァンズ

58

VS __.png

秋田ノーザンハピネッツ

110

19 1P 29
17 2P 27
12 3P 29
10 4P 25

ゲームレポート

<1Q>

# 55谷口のジャンプシュートで秋田が先制するが、すぐさま山形# 3ウィリアムが入れ返し同点とする。秋田は、# 55谷口の3Pシュートや速攻でリズムをつかみ主導権を握る。山形# 9佐藤の3Pシュートで喰らいつき7-13とする。 その後もお互い点を入れ合うが、残り3分秋田の3Pシュートが良く決まり11-20となった所で、山形タイムアウト。 タイムアウト明け、# 0山本が3Pシュートを決めるが点差が縮まらず19-29で1Q終了。

<2Q>

# 3ウィリアムが2本のフリースローを沈めスタート。秋田は1Qの良い流れを継続したまま、ランニングプレーで得点を重ね20点差とする。 ワイヴァンズはその後もオフェンスリズムが悪く単発シュートのみで得点出来ず、秋田に加点を許す。 秋田は外国人2人で高さを生かしオフェンスリバウンドをとり、セカンドチャンスを多く作り得点につなげていく。 7分間得点することが出来なかったワイヴァンズはようやく# 1村上の3Pシュートで24-51とする。 リバウンドを制する秋田は外角シュートも思い切りがよく加点していく。 山形はクォーター終盤、フリースローと3Pシュートを沈め36-56の20点差まで詰め2Q終了。

<3Q>

秋田の3Pシュートでスタートする。得点差を縮めたいワイヴァンズはディフェンスプレッシャーを強めるが、オフェンスミスが続き、シュートまで持っていけない時間が続く。 山形# 9佐藤の単発3Pシュートで42-66とするが、その後が続かず、秋田に次々と得点を許す。42-73となった所でワイヴァンズはオールコートプレスをかけ、連続得点する。秋田はタイムアウトをとり、流れを止める。直ぐさま3Pシュートを入れ再び30点差をする。 ワイヴァンズは良い形でボールを奪うが、その後ターンオーバーをして、リズムをつくれないまま、48-85とリードを広げられ3Q終了。

<4Q>

追い上げたい山形はメンバーを変え、流れを引き戻しにかかるが、秋田にインサイドをアタックされ、逆に失点してしまう。 50-90となった所で山形タイムアウト。両チーム得点を入れあい55-95とするが、思うように得点を上げられない。山形は# 3ウィリアム、# 9佐藤を入れ得点力アップを狙う。しかし交代直後にビリーが2回目のアンスポーツマンライクファールを犯し、退場となる。 秋田にその後も得点を重ねられ55-102とされ、山形はシュートチャンスを生かすことが出来ずに苦しい時間帯が続き、防戦一方となる。 秋田はピックアンドロールから高さを生かした得点で58-108とさらに点差をつけたところで、残り1分12秒山形タイムアウト。 最後までリズムをつかみきれないまま、58-110と山形は敗戦。

主なスタッツ

# 1 村上 駿斗 18PTS

2016/08/21(日)14:00 TIP-OFF

会場:秋田県横手市増田体育館

パスラボ山形ワイヴァンズ

山形ワイヴァンズ

41

vs __.png

秋田ノーザンハピネッツ

70

9 1Q 18
15 2Q 19
10 3Q 18
7 4Q 15

ゲームレポート

<1P>

秋田ボールでスタート。両チームともハーフコートマンツーマンディフェンス。 先制はリバウンドから秋田。両チーム最初から激しくプレッシャーをかける。 山形はタフショットが目立ち思うように得点出来ない。残り4分で3-10と秋田がリード。 秋田はチームファールが4つを超え、# 3ウィリアムのフリースローで10-5。山形はボーナスフリースローで点差をつめる。 互いに激しいディフェンスで、フリースローの得点が増えるが、山形の確率が悪く、思うように点差を詰められない。 クォーターの終わり際、秋田は3Pシュートとリバウンドからドライブインで9-18とし第1Q終了。

<2P>

秋田の3Pシュートと速攻が決まり、9-23となった所で山形タイムアウト。 山形はパスミスから連続失点しリズムを崩すと、秋田の外国籍選手2人のドライブを止められず9-29となる。 秋田は3Pシュートとドライブで多彩な攻撃を見せる中、山形も伊澤がリバウンドを踏ん張り、13-34。 山形は# 3ウィリアムの連続3Pシュートとフリースローで、20-34と追い上げる。 秋田も3Pシュートを入れるが山形はディフェンスを頑張り# 9佐藤のジャンプシュートで24-37で2Q終了。

<3P>

秋田ボールでスタート。お互いシュートを放つが秋田が確率良く得点し、24-43となった所で山形後半1回目のタイムアウト。 後半開始5分間ノーゴールの山形はようやく# 14高橋のジャンプシュートで得点するが秋田はよくパスが回りフリーでショットを打ち、30-49とする。 山形は2-3ゾーンをひくが、外国人を起点に上手く攻められ攻撃を止められない。34-55で3Q終了。

<4P>

外国籍選手2人を要す秋田は高さを生かし攻撃する。 山形は秋田の固い守りを中々攻略出来ずに得点が伸びない。 点差が開いた秋田は外からのシュートも気持ち良く放ち、効率良く3Pシュートを決める。残り6分で37-63となり、山形タイムアウト。 山形は# 50伊澤、# 32小島が小さいながらもディフェンスを踏ん張るがインサイドで勝負出来ない。 山形はその後もアウトサイドにプレッシャーをかける秋田に得点出来ず39-68。 最後はこのまま41-70でタイムアップ。山形はモーションオフェンスが機能せず、 最後まで秋田の固い守りを攻略出来なかったオフェンスに課題を残した。

主なスタッツ

# 3 ウィリアム ナイト 21PTS
パートナー 一覧